夏のハラマキ事情

夏のハラマキ事情

夏場でも冷え性が治ることはありません。逆に冷房のせいで冷え性が悪化することもあるくらいです。根本的に改善していかないと、急に良くなるものでもありません。

通年対策が必要になるのですが、夏場は外との気温差が厄介な問題です。例えば重ね着をしたまま忘れて外に出ると、汗だくで帰ってくることになります。

会社の中だけ靴下を履いたり、スパッツをはいたりしています。すぐに着脱できるものはいいのですが、ハラマキはそうもいかないので困りものです。

お腹は一番冷えやすいので、夏場でも薄手のハラマキをしています。男性に見られたら終わりだな、と思いつつもまさしく「背に腹は変えられない」のが現状です。

ハラマキを買うまでは使い捨てのホッカイロを使っていたのですが、夏場は売っている店が少ないので買い足すのが面倒なことに気づきました。それ以来もっぱらハラマキです。

薄手なので外側からみても、まさか私がハラマキをしているなんて想像できないくらいです。想像してほしくないですけどね(笑)

ただ、これも忘れて外に出てしまうとかなりきついことになります。経理の仕事をしているので、金融機関を回ることが週に2度ほどあるのです。その時によく脱ぐのを忘れます。

トイレにいって脱がなくてはいけないので、ついうっかりしてしまうのです。そのままかなり長距離を歩いてまわるので、あっという間に汗だくです。

たまにカーディガンなども忘れて着て行ってしまうことがあるので、そうなるとダブルで暑さが襲ってきます。懲りているはずなのに、忘れてしまうのです。

それでもいちいちトイレにいって脱ぐのは面倒だなあと思っていた矢先。なんとなくそのことを女性の同僚に話していたところ、それが上司の耳に入りました。

その上司はとても暑がりで、社内の冷房温度を低くする最大の犯人です。みんなが寒がっていても構わず下げてしまう、反エコな上司ともいえます。ただ、悪いなとは思っているそうで。

みんなへの罪悪感からか、たまに何かを買ってきてくれたりするのです。といってもジュースやお菓子程度なのですが、今回はちょっと格が違いました。

なんと、金融機関を回るように折りたたみの自転車を買ってきてくれたのです。経費ではなく、実費で!これにはさすがに恐縮してしまい、自分もいくらか出しますと言いました。

しかし、1万円もしなかったから大丈夫だと折れてくれません。なんだか逆に怪しくなってきて問いただすと、なんと営業の途中でパチンコに行って勝ったお金らしく。

なるほど、奥さんにいえないお金がこちらに回ってきたのですね。グレーなお金ですが、こちらとしては大助かりです。

フォレスターアウディa4

温泉でもつかって

近頃はスーパー銭湯があちらこちらに出来ていて、誰でも気軽に本格的な温泉を楽しむことができます。郊外だけでなく都心部にも駅から歩いてすぐでも、割と大きな

スーパー銭湯があって利用しやすいですね。利用者としてはありがたいことですが、土日はとてもゆっくりくつろぐという状態ではありません。人が多すぎて、湯船には

浸かれてもその後脱衣所で着替えをするのが一苦労なのです。

特に苦労するのが髪の毛を乾かす洗面所のコーナーです。女性は髪の毛を乾かすのに時間がかかりますし、その後のスキンケアもする人が多いですから洗面所の回転が

とても悪いのです。しかも、かなり大きなスーパー銭湯でも、脱衣所はぎゅうぎゅうに作られていて洗面所もギリギリの数しかありません。何をケチっているのか知りません

が、少なくともそんなちっぽけなところでお客さんの満足度は大いに下がります。これがあるので、出来るだけ土日は行かないようにしています。

その代わり、土日に温泉に浸かりたくなったらちょっと足を伸ばして「本当の温泉」に行くことにしています。スーパー銭湯が偽者というわけではありません。銭湯だって

きちんと源泉からとってきているでしょうし、温泉であることにかわりはないと思うのです。要は雰囲気の問題なのですが、なんとか温泉、と名のつくところに日帰りで

出かけていくのです。銭湯と比べたらはるかにお金はかかりますが、それでも一人5000円あれば十分満喫できます。

私が住んでいるところからですと、車で1~2時間の範囲なら4つほど温泉があります。電車で行くところになると2つになりますが、どこもゆっくりと温泉を楽しめるいい

温泉地です。私は車を持っていないので、友人にお誘いをかけて連れて行ってもらいます。交通費を多めに出すだけで連れて行ってもらえるので、こちらとしてはとても

ラッキーです。温泉好きの友人はこういうときとても助かります。

車で行くと帰りが楽ちんでいいですよね。電車は帰りが面倒なのです。メイクもしなくてはいけませんし、髪の毛もきちんと乾かしてある程度きちんとしなくてはいけません。

暖かい時期はいいですが、冬場は湯冷めしてしまいますしね。温泉にゆっくりつかりながら、いつも「そろそろ車買おうかな」ということを考えてしまいます。温泉に行く

ための車購入。壮大な計画ですが、これもきっかけのひとつかなと考えています。